みんなの小さな家。|みんいえ

ターゲット層の改革

人がいない海岸はよく釣れる

成熟した住宅業界で新しい可能性を秘めたもの!!

住宅業界は時代の変化に疎い!?

一部では住宅業界は衰退しつつあると言われていますが本当でしょうか?荒れる市場では、新築の着工棟数は減少傾向にあるのは厳しい現実で、数多くのライバル会社と競うことを強いられます。
このような中で、これまでの慣習のまま同じような営業スタイルを行っていて良いのでしょうか?
家族構成、所得、嗜好などライフスタイルが変化しているこの時代、住宅に求めるものも日々変わっているのです。

「小さな家」は住宅業界の新ポジション

「みんなの小さな家。」の扱う「小さな家」は「狭小住宅」ではありません。
各プランは「ものを買わない、使わないものをもたない」といった新しい思考の層や、セカンドライフを夫婦だけで楽しむ層など、時代の変化によって生まれた新しいターゲットを捉えています。
大手企業が組織的には狙うことが難しい、新しいターゲットを「みんなの小さな家。」という考えだからこそ新しい分野として切り開けるのです。

みんイエ導入のターゲット改革とは=狭小ではない「小さな家」+競争なき市場

4つの改革

このページの先頭へ
Copyright © MINIE All Rights Reserved.